顔汗を止める7つの対策

顔汗はできればかきたくない汗で、軽度であればいいのですが、
それでもTPO次第では困ることがあります。
顔汗の原因はいろいろと言われていますが、ここでは原因はともかくとして
顔汗を止める7つの対策について説明しますから、できるものから実行しましょう。

対策その1:とにかく首を冷やしてみる
顔汗を止めるのには顔面ではなく首の後ろ側に保冷剤を当てて頸動脈を冷やすと、
一時的に血行が抑制されるので汗が止まります。
ケーキを買ったときなどに付いてくる保冷剤を首の後ろに当てるように
ストールを利用すると、おしゃれをしながら顔汗を一時的に止めることができます。

対策その2:強めの有酸素運動をする
運動不足が顔汗の原因と言われています。
つまり逆手にとって意識的に運動をすることで顔汗が止まります。
それには有酸素運動になる強めのウォーキングやジョギング、水泳などがいいでしょう。

対策その3:両脇を圧迫して交感神経を刺激する
皮膚圧半側発汗現象という交感神経を刺激する方法ですが、
左右いずれかの脇を圧迫します。
そうすると圧迫した反対側の顔の汗が止まりますから、
両脇を強めに圧迫すれば顔汗が止まります。

対策その4:顔用の制汗剤を使う
制汗剤は汗腺の出口を塞ぐ収れん剤が配合されているので、
顔用の制汗剤を使いますが、体温調節機能に影響するので使い過ぎは要注意です。

対策その5:意識して手足を温める
手足を温めると顔以外の汗腺がかっぱつになるので、汗をかく範囲が広くなります。
そうすると顔だけに出ていた汗が分散されるので顔汗が少なくなります。

対策その6:気持ちをリラックスさせる
特に精神性の場合は、緊張状態が交感神経を刺激するので顔汗をかきます。
そのような時には気持ちをリラックスさせることが必要で、
顔汗を早く止めようと焦れば焦るほど顔汗がでます。
焦らないで気分転換をしてリラックスして交感神経を休ませましょう。

対策その7:顔汗止めのツボをマッサージする
汗を止めるツボが手のひらにありますから、そこを指で押してみます。
後谿(ごけい)と言うツボが握りこぶしを作った時に少しはみ出す小指の付け根にありますし、
陰?(いんげき)が小指側の指一本分下にあります。