更年期障害と顔汗の関係性

顔汗は化粧崩れの要因になりますし、そもそもベタベタして気分が悪いですよね。
特に女性にとっては、悩みの種になりやすいものだと思います。

 

この顔汗は、年齢・性別に関わらず発生するものですが、特に更年期に入った女性に表れやすいものです。
このような急激な発汗を「ホットフラッシュ」と呼び、更年期障害の枠組みに入ります。
ホットフラッシュは、この年代の女性特有の症状としても知られています。

 

 

更年期障害とは何か

女性に閉経が起きる更年期が近づくと、それに伴って色々と良くない症状が発生するものです。
この症状全体を総称して「更年期障害」と呼び、精神的不調も肉体的不調も含まれています。

 

更年期に入ると、卵巣の働きが鈍るため、女性ホルモンの一種であるエストロゲンの発生量が減り、
ホルモンバランスが不安定化します。
この現象が自律神経に悪影響を与え、心身に多大な異常を発生させるのです。

 

 

顔汗と更年期障害の関係性

更年期障害と顔汗の関係性は、このホルモンバランスの乱れから、
発汗機能がおかしくなることで生まれます。

 

上記のホットフラッシュですが、これは首より上部が前触れもなく熱を帯び始め、
いきなり大量の発汗が生じ、ストップしなくなる症状の事を指します。
これは外気温などが要因ではないため、クーラーを入れたり汗を拭いたりしても、なかなか停止しません。

 

また更年期に入ると、精神面でのストレスや全般的なイラつきが蓄積し、
ちょっとした事に神経を尖らせてしまうような、敏感な方が多くなります。

 

このような様態の時はストレスへの耐性が落ちていて、精神性の発汗が生じやすく、
何らかの拍子で一気に汗が噴き出すというケースも珍しくないようです。

 

一回発汗するとそれ自体が恥ずかしくなり、さらなる発汗を起こす、
という負のスパイラルに陥る可能性もあります。

 

 

更年期障害の場合の顔汗対策は?

更年期障害などで生じる顔汗の対策においては、減っている女性ホルモンの量を補っていくことが最も重要です。
しかし、老化で女性ホルモンの発生量が低下している状況ですし、
そもそも一生の内に生成されるホルモンの分量は定められている、という説もあります。

 

よって、身体の内側ではなく、外側から女性ホルモンを補充する手段が有効です。
病院ではピルを出したり、ホルモン注射をしたりして、
女性ホルモンの分量をコントロールするような処置が取られています。

 

この手段だと、ホルモンバランスを乱してしまう可能性もあるので、一般人が独学で行うのは危険です。
きちんとプロフェッショナルに、判断と施術をしてもらって下さい。

 

そして「女性ホルモン自体である」というわけではありませんが、類似した作用を見せる、
ホルモン様物質というものが存在し、その一種に大豆イソフラボンがあります。
大豆イソフラボンと上記のエストロゲンは、化学面での性質が非常によく似ており、
女性ホルモンと同質の作用を身体にもたらしてくれる、と見られています。

 

ですから更年期の影響で発生する色々な不具合を、和らげてくれる効能がある、という見解が主流なのです。

 

ホルモンに関するそれ以外の対策としては、漢方薬や鍼治療、そして生活習慣の良化などがありますが、
やはり直接的な要因であるホルモン対策を行ってこそ、
ホットフラッシュや、厄介な顔汗を抑制する可能性が高いと見られています。