同じ汗でもニオイのある汗はどうして?

汗に臭いが伴うとき、伴わないときがありますが、両者の違いは何なのでしょうか?
汗の性質の差などを考察しましょう。

 

汗腺による差

汗は汗腺から発生します。汗腺とは汗の分泌を行う腺の総称です。
身体中で考えると、なんと350万個にも及ぶ汗腺があると見られています。

 

そして汗腺は2種に分かれています。「エクリン腺」と、それから「アポクリン腺」です。

 

エクリン腺は、身体中に存在している汗腺であり、特に足の裏や手のひらに集中しています。
このエクリン腺から生じる汗は、その大部分が水であるという事が最大の特徴と言えるでしょう。

 

エクリン腺から生じる汗は、発生直後は無色無臭であり、
それから細菌が作用する事により、臭いを持つようになるケースが大半です。
私たちが一般的に「汗」だと思っているものは、このエクリン腺から生じる汗なのです。

 

 

そして、陰部やお尻、胸やわきの下から、強烈な臭いがする方も大勢いますが、
この部位にはアポクリン腺という汗腺が存在し、特有の汗が発生しています。

 

この汗は上で述べた異性を引き寄せるための汗でもあり、臭い自体がその役目を担っているとも表現できます。
この汗は脂質やたんぱく質を含有しているため、粘り気を持っており、黄色がかったシミを招きます。
そして成分の性質上、乾くとベタベタした感覚を覚えます。

 

 

ワキガ体質の方は、このアポクリン腺の分量が先天的に多かったり、
腺のサイズが大きかったりする場合が多いです。

 

余談ですが、日本人は世界的基準で考えれば、アポクリン腺が少ない方が多いです。
欧米人は体臭が強い方が多く、それに伴いワキガ体質の方の割合が非常に高いようです。

 

 

臭いのある汗と、ない汗の差

さて、臭いを持つ汗と持たない汗、差は何かといいますと、
すでにお察しの通り、どちらの汗腺から生じたかに影響されます。
端的に述べると、アポクリン腺から生じた汗は臭いを持ち、エクリン腺から生じた汗は臭いを持ちません。

 

しかし、完全にそれだけで決まるわけでもありません。
エクリン腺から発生した汗の場合でも、それを放っておけば、
汗をエサに雑菌が殖え、臭いの要因となってしまうケースもあります。

 

そして汗の材料となるのは、実際のところ血液なのですが、
この血液が含有しているミネラルが、汗に溶けて一緒に流れ出てしまいます。

 

エクリン腺から発生する汗の大半は、このミネラルを汗腺からもう一度吸収し、
身体のミネラルが無くならないように、保護しているのですが、
発汗量が増加してくると、吸収が間に合わなくなり、ミネラルの流出が起きます。

 

この汗の中に残存したミネラルが、ベタベタの根源となるのです。

 

 

このような汗の中のミネラル分の再吸収は、発汗量にも関連性がありますが、
汗腺の働きによっても変化すると言われており、
空調が整い過ぎた発汗の少ない生活を、長期に渡り継続していると、
発汗したりミネラルを吸収したりする能力が、衰えてしまうのです。

 

ベタベタする汗が含有しているものは、水分だけではないので、
乾くまでに時間を要し、長い間肌にまとわりつく厄介な汗になってしまうのです。
手汗 抑える 方法